ブックメーカー始めるならテニスがオススメ!稼ぐコツも紹介【初心者必見】

  • 2020/07/16
  • 2020/07/16
テニス

ブックメーカーでベットできるスポーツは200種類以上と言われているので、どのスポーツにベットするか、迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回はベット対象として初心者の方にもおすすめなテニスについて、詳しく解説していきます。

テニスがおすすめな理由や必勝法、ベットする際の注意点も紹介しているので、参考にしてください。

テニスにベットするメリット

テニスにベットするメリット

まず、テニスはベット対象として、どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

テニスにベットするメリットは下記の3つです。

  • ①試合数が多い
  • ②個人競技のスポーツ
  • ③試合展開が早い

メリット①:試合数が多い

テニスのシーズンは1月~11月の終わり頃までがシーズンになります。2020年のシーズンはコロナの影響で試合数が激減している状況です。

テニスの年間スケジュールのURLを下記に添付しておきます
https://news.tennis365.net/news/tour/schedule/

スケジュールを見てもらうと分かる通り、開催される大会が多く、試合数も多いので、ベットする機会が多くあるのは大きなメリットとなります。

ちなみに、コロナの影響で開催が延期されていたATPの試合は、8月14日から再開されます。

メリット②:個人競技のスポーツ

テニスは個人競技のスポーツです。個人競技の一番大きなメリットは、個人の調子だけで試合の勝敗が左右されることです。

集団スポーツの場合、個人の調子だけで試合は左右されないので、始めたばかりだとなかなか分かりづらいんですよね。

個人スポーツの場合、極端な表現をすると、調子がいい選手が勝って、調子の悪い選手が負けるといった感じになります。

メリット③:試合展開が早い

テニスの試合競技はテレビで見ていても分かるかと思いますが、メジャースポーツのサッカーや野球に比べて試合展開が凄く早いですよね?

テニスの試合のルールは、6ゲーム先制で2セット勝てば勝利なので、1セットにかかる時間はだいたい1時間以内です。さらに1ゲームにかかる試合時間は早くて、5分以内で終わる試合もあります。

テニスの様に試合の展開が早いと、試合の流れを読むことができ、非常にベットしやすいのがメリットになります。

テニスの賭け方の種類(代表的なものだけ紹介)

テニスの試合でベットできる種類は、1試合で多くて50個ぐらいあります。

さすがに、全ての種類を説明するのは多すぎるので、今回はよくベットする代表的なものを簡単に紹介します。

①much winner
どちらの選手が試合に勝つのかを予測するベット方法

②set winner
どちらの選手が1setを先に先取するのか予測してベットする方法

③game winner
1gameでどちらの選手が6点先取するのか予測してベットする方法

④total game in set
1setあたり何ゲーム以上か何ゲーム以下かを予測してベットする方法

ブックメーカーのテニスでベットする場合、set winnerかtotal game in setにベットする人が多いですね!

テニスで稼ぐための必勝法はある?

テニス 必勝法

ブックメーカーでテニスにベットする際のコツについて見ていきましょう。

絶対に勝てる攻略法というものはありませんが、勝率を上げるためのコツやポイントはあります。

稼ぐためのポイントは3つあります。

  • ①過去の対戦成績を分析する
  • ②必ずライブ映像を見てベットする
  • ③スタッツを分析する

①過去の対戦成績を分析する

スポーツって苦手意識のある相手にはなかなか勝つことが出来ないのが事実だと思います。

過去にスポーツをしていた時でも、苦手な相手っていませんでしたか?

プロのプレイヤーも同じなんですよね!

たとえ格下相手でも、苦手意識の強い対戦相手だと負けてしまうことがあります

テニスで過去の対戦成績を確認する場合は、Tennis explorer.comで確認することができます。

Tennis explorer.comを添付しておくので興味のある方は是非見て下さい⇓⇓
https://www.tennisexplorer.com/

②必ずライブ映像を見てベットする

テレビのライブ中継と一緒で、テニスにベットするなら必ずライブ映像で選手の状態を確認したうえでベットすることが凄く大切です。

選手の状態って数値でも表すことが出来ますが、その日の調子がいいかどうかは、実際にライブ映像を見て確認しないと分かりません。

また、ライブ映像を見ることで選手の感情も確認することが出来ます。当日の調子が悪いと中には「吠える」「物にあたる」「審判に抗議する」などの行動をとる人がいます。

過去の試合の調子が良くても、こういった選手にベットするのは非常に危険なんですね。

なので、ライブ映像でしか分からないこともあるので、テニスの試合にベットする場合は、必ずライブ映像で確認したうえでベットするようにしましょう!

③スタッツを分析する

スタッツとは、現在行われているプレーの成績を数値化してまとめたものです。スタッツを確認することで、選手の調子が良いか悪いかを確認することが出来ます。

そのため、テニスの試合にベットする時は必ずスタッツを分析してベットするのがおすすめです。

もちろん、スタッツの数値が良い選手の方にベットするのですが、上記でも書いたようにライブ映像とスタッツを見比べながらベットしていきます。

スタッツでは良い数値が出ているけど、ライブ映像を見てみると、怒り狂っている選手も中にはいますからね・・・。

私は過去にスタッツだけを見てベットしていたのですが、何度かこういったパターンに苦しめられました!笑

テニスにベットする際の注意点

テニスにベットする際の注意点

続いて、テニスにベットする際の注意点について解説していきます。

特に注意してもらいたいのは、下記の3点です。

  • ①低オッズにはベットしない!
  • ②ランキングが下位の選手にベットしない!
  • ③分析せずにベットしない!

①低オッズにはベットしない!

初心者の方もいらっしゃるかも知れないので、念の為、オッズについて簡単に説明しておきます。

オッズとは、古くからギャンブルなどで見込みを示す方法として用いられてきました。

例えば、オッズ1.01の場合は90%以上の確率で勝利することができることを意味しています。オッズの数値が高くなればなるほど、勝てる確率が低くなる可能性があります。

オッズ1.01に10,000円をベットした場合
的中→ 10,100円

オッズ2.0に10,000円をベットした場合
的中→ 20,000円

なるべくオッズが高い選手にベットしたいのですが、オッズが高くなれば負ける可能性も高くなります。

そのため、初心者の方に多いのが、オッズ1.01のようなガチガチの低オッズにベットしてしまうことです。

オッズ1.01の場合、1万円を2万円にしようとすると、100連勝しなければなりません

不可能ではないかも知れませんが、可能性は限りなく低く、負けた時のダメージが大き過ぎます。1度負けると、再度100連勝しなければ1万円を取り戻すことができません。

なので、オッズ1.01の試合には絶対にベットしないことをおすすめします。

②ランキングが下位の選手に安易にベットしない

テニスの試合にベットする時は基本的に、相手よりもランキングが上の場合にベットしましょう!

個人競技なので、ランキングが上の方がテニスが強いということになります。

例えばランキングが、100位の選手と1000位の選手との試合で1000位の選手の調子が凄く良くてもベットは控えたほうが無難です。

ランキング下位の選手は、最初は調子が良くても、後半になると急に崩れる可能性があるんですよね・・・。

なので、

大体100位ぐらい差がある場合は、ランキング下位の選手が調子が良かったとしても、基本的にはランキング上位の選手にベットする

ことをおすすめします。

③分析せずにベットしない

選手のランキングだけに着目して、相手よりもちょっとランク上位だからといって安易にベットすることはおすすめできません。

対戦相手との

ランキングに大きな差がない場合、ランク上位の選手が負けてしまうことは、よくあること

なんです。

そのため、ランキングに大きな差がないのであれば、試合当日のライブ映像や対戦成績、スタッツなどを分析して、ベットする必要があります。

選手の分析をせずにベットするのは、危険だということを覚えておきましょう。

テニスにベットしてよくある失敗談【2つ紹介】

テニスにベットしてやってしまった失敗談

最後によくある失敗談を紹介しておきますので、反面教師として、同じ失敗をしないように注意してもらえればと思います。

①低オッズにベットしすぎて規制に引っかかる

先述したように、低オッズにベットすると、勝てる確率は高いけど、負けた時のダメージが非常に大きくなります。

万が一、オッズ1.03以下にベットし続けて100連勝ぐらいしてしまうと、マックスベット規制に引っかかってしまいます

マックスベット規制に引っかかると、10000円でベット出来ていたのが、1000円でしかベット出来なくなるので要注意です、

②大金をベット

試合にベットする金額は軍資金の3~5%がベストだと思っています。

試合に負けた時に、負けた分のお金を一気に取り戻そうとして、大金をベットし負けてしまうというパターンがよくあります。

ちなみに私も経験済みです・・・。この時のダメージは非常に大きいので、感情に任せたベットは絶対に止めましょう!

まとめ

今回はテニスにベットするメリットから、賭け方の種類、稼ぐための必勝法、そして、ベットする際の注意点について解説してきました。

ブックメーカーを始めたばかりで、どのスポーツにベットするかが定まっていない場合は、テニスから始めてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ:ブックメーカー入門

この記事を書いた人 マイブックメーカー 管理人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

ブックメーカー入門の記事一覧