ブックメーカーの還元率は勝率に影響する?公営ギャンブルとの比較

  • 2023/08/28
  • 2023/08/28
ブックメーカーの還元率

ブックメーカーはギャンブルサイトであり、賭け方や予想内容によっては大勝ちの可能性もありますが、逆に予想が外れ続ければ大負けの可能性もあります。

公営ギャンブルである「競馬」「競艇」「パチンコ」でも同様ですが、胴元が存在するギャンブルには「還元率」というものが存在しており、還元率が高いほどユーザーへのバックが多くなっています。

還元率とは?

ブックメーカー還元率

ブックメーカーで的確に勝ちを収めるにはデータ収集による予測が不可欠ですが、実際には得意なスポーツだけしか予想を立てられない場合が多く、トータル収支を勝ちに持っていくことは簡単ではありません。

一見ユーザーに不利な様に見えますが、実はブックメーカーの還元率は高めであり、ユーザーが大負けしにくい仕組みになっています。

還元率が高いほど勝ちやすい

還元率はそのギャンブルにおけるユーザーの取り分となります。例えば還元率が75%の場合は、集まった金額の75%がユーザーへ戻ってきて、残り25%は胴元の収入となります。

一人のユーザーに対しての配分ではなく全体の金額に対してなので、仮に1,000万円の掛け金が合った場合にはその内の75%となりますので、750万円分を予想が的中したユーザーで分配することとなります。

還元率の一例:
1,000万円(売上)×75%(還元率)=750万円(払い戻し)

還元率が高い場合はそれだけユーザーの払い戻しが多くなりますので、勝ちやすい(負けにくい)仕組みになっています。

還元率はトータルの数値

還元率はあくまでもトータルの数値であり、一人のユーザーに対しての還元率ではありません

集まった全ての金額に対しての還元率となりますので、もし一人のユーザーが莫大な金額を勝った場合には当然その他のユーザーの配当は少なくなり、結果的に負けに繋がりやすくなります。

少なくとも還元率が設定されている殆どのギャンブルは、運営の負けが100%ないので、ユーザー同士でお金の取り合いを行っているというイメージになります。

還元率は収支に影響する

以上のことから還元率は高ければ高いほどユーザーの払い戻しが増えますので、収支に大きく影響し、還元率が高いギャンブルは勝ちやすいということになります。

還元率が低いギャンブルは割に合わないということになりますが、その分お金が集まりやすく、当たった場合には大きな配当が得られますので本当のギャンブルと言って良いでしょう。

ブックメーカーと公営ギャンブルの比較

ブックメーカーと公営ギャンブル

では実際にブックメーカーと日本で遊ぶことができる公営ギャンブルの還元率を比較してみましょう。

1万円投資した場合
ギャンブル還元率払い戻し
競馬70%~80%7,000円~8,000円
競艇75%7,500円
パチンコ80%~85%8,000円~8,500円
宝くじ45%4,500円
ブックメーカー95%~98%9,500円~9,800円

還元率はギャンブルごとに異なりますが、宝くじが最も低くて、最も高いのはブックメーカーとなっています

ブックメーカーの還元率

ブックメーカーは還元率が高めに設定されており、95%~98%とギャンブルの中では最も高い数値です

ギャンブル還元率払い戻し
ブックメーカー95%~98%9,500円~9,800円

ただし、この数値はあくまでも平均値であり、特にブックメーカーではこの数値がブレやすく、100%を超えることも珍しいことではありません。

オッズの計算式が競馬や競艇とは異なり「パリミチュエル方式」ではありませんので、運営の赤字となる試合も珍しいことではなく、良くも悪くもユーザーの予想と試合の注目度で大きく変わってきます

競馬の還元率

日本で最も人気がある競馬の還元率は約70%~80%であり賭け方により還元率は若干前後します。

ギャンブル還元率払い戻し
競馬70%~80%7,000円~8,000円

還元率はお世辞にも高いとは言えませんが、基本の的中率が低めに設定されており、ユーザー層の多さからお金が集まりやすくなっていますので、的中した時の払い戻しには期待が出来ます。

パチンコの還元率

同じく公営ギャンブルのパチンコの還元率は80%~85%であり、良く悪くも無い数値となっています。

ギャンブル還元率払い戻し
パチンコ80%~85%8,000円~8,500円

ただパチンコの場合は予想ではなく、知識と技術により出玉が大きく変わってきますので、実際にはユーザー次第で還元率が変動します。

下手なユーザーは60%前後、上手なユーザーは90%前後と人により差が激しいので、全体的な還元率はあまり当てにならないでしょう。

宝くじの還元率

庶民の夢でもある宝くじにも還元率が設定されており、その数値は45%と極端に低くなっています。

ギャンブル還元率払い戻し
宝くじ45%4,500円

基本は勝った時点でほぼ負けが確定するギャンブルではありますが、配当者の少なさと金額が反比例しており、もし当たれば億単位のお金が払い戻しされる究極のギャンブルです。

集まるお金が非常に多いことから成り立つギャンブルであり、もし宝くじに投資する人が極端に少ない場合には販売元が赤字となることもあり得ます。

還元率と運営方式の関係

還元率と運営方式

ブックメーカーの還元率と運営方式には関係性があり、通常のギャンブルでは還元率が変動することは一切ありません。

「競馬」「競艇」の公営ギャンブルは「パリミチュエル方式」となり、還元率は常に一定で運営が損をすることが無いのが特徴となります。

パリミチュエル方式

パリミチュエル方式は「競馬」や「競艇」で採用されている賭け方であり、運営元が絶対に損をすることが無い賭け方となります

  • 開始後にもオッズが変動する
  • 試合終了後のオッズが適用される
  • ユーザーに不利な展開
  • 還元率が常に一定
  • 胴元の負けが100%無い

競馬の場合は集まったユーザーの投資金から25%を胴元の取り分としてキープし、残りを配当としてオッズを決定するので、胴元の負けが100%無いのが特徴となります。

集まった投資金から予め利益を引きますので還元率は常に一定となり、オッズがレース中にも変動しますので、安定した収支を得るのが難しい賭け方となります。

ブックメーカー方式

ブックメーカー方式はブックメーカーだけに採用されている賭け方であり、事前にオッズを決めて試合中でも常に賭けが可能となる賭け方となります。

  • オッズは常に変動する
  • 賭けた時点でのオッズが適用される
  • 試合前でも試合中でも賭けが可能
  • 還元率が常に変動
  • 胴元の負けがありえる

オッズが事前に公開されており、胴元の取り分をキープしていませんので還元率が高めとなり、場合によって運営が赤字となることもある方式となります。

試合中でも賭けが可能である事が大きなメリットであり、序盤の試合展開に応じて賭けをすることで単純な勝率アップも可能です。

反面、常にオッズが変動しているというシステム上、同じ試合で的中させた場合でも賭けたタイミングで最終的な収支に大きな差がでることもあります。

還元率は高いほど有利になる

還元率は全てのギャンブルに置いて重要な指針であり、基本的に還元率が高いほどユーザーが有利であると断言して良いでしょう

パチンコや宝くじは技術や運の予想が高すぎますのが、競馬やブックメーカーでは明確な差が出ており、利益重視である「競馬」は賭けた時点でユーザーの負けが確定している割に合わないギャンブルとなります。

ブックメーカーは還元率も高く、試合展開によってオッズの変動も激しくなりますが、大負けしにくい=勝ちやすいギャンブルであると言えます。

まとめ

ブックメーカーや公営ギャンブルには還元率が設けられており、還元率によってユーザーに払い戻しされる金額の割合が決定されています。

  • 「競馬」「競艇」の還元率は75%前後
  • 「ブックメーカー」の還元率は95%前後
  • 還元率が高いほど勝ちやすい
  • 公営ギャンブルは運営の負けが無い

ギャンブルである以上は確実な勝ちというのは存在しませんが、ブックメーカーは運営の取り分を減らし、その分還元率を高めに設定することでギャンブルの中でも勝ちやすい部類になります

スポーツの知識や賭け方について学ぶ必要はありますが、試合展開に応じて賭けをしたり、時には賭けを途中で降て払い戻しを受ける事も可能ですので、機能と情報を活かして更に勝率を上げていきましょう。

オススメのブックメーカー

BeeBet

beebet
入金不要フリーベット 通常10ドル→【2/24まで】20ドル
プロモーションコード:20RIZINL8
入金不要ボーナス 30ドル ※スロット限定
プロモーションコード:30CASINO
初回入金ボーナス 100%入金ボーナス(最大500ドル)※スロット限定
入金方法 MuchBetter/銀行振込/ビットコイン/クレジットカード(国内)/デビットカード/MGS

BET CHANNEL

ベットチャンネル
入金不要ボーナス
初回入金ボーナス 100%入金ボーナス(最大500ドル)
入金方法 ecoPayz/Sticpay/ビットコイン/iWallet

Betway

betway
入金不要ボーナス
初回入金ボーナス 100%フリーベット(最大10,000円)
入金方法 ecoPayz/クレジットカード(VISA)/MuchBetter/銀行振込/クレジットカード(Mastercard)

カテゴリ:ブックメーカー入門

この記事を書いた人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

ブックメーカー入門の記事一覧

もっと見る