【ピナクル】ビットコインでの入金方法と出金方法を詳しく解説!出金の注意事項も

  • 2020/11/11
  • 2020/11/11
ピナクル ビットコインで入出金する方法

ピナクルはオッズが高いことで非常に有名なブックメーカーです。入出金に関してはどうでしょうか?

この記事ではピナクルにおける入出金の特徴に触れながら、代表的な仮想通貨であるビットコインの出入金方法を詳しく解説していきます。

また、ピナクル独自の入出金ルールについても取り上げていきます。

ピナクルで使える入出金手段

ピナクルで使える出入金手段を見ていきましょう。

ピナクルではプレイヤーの居住国と選んだ通貨によって利用できる入出金手段が異なります。この記事では「日本×USD(アメリカドル)」という組み合わせ使えるものを取り上げています。

ピナクル 入金方法

電子マネーの代表格であるエコペイズ、アプリ型電子マネーのマッチベターアストロペイ、プリペイドカードとして有名なWebMoneyが存在します。

アストロペイとWebMoneyはプリペイド型なので、出金手段のページにも載っているのは驚きですが、ピナクル独自のシステムがあるのかも知れません。

今回はより一般的であるビットコインによる入金と出金の流れを詳しく解説します。

ピナクルは1ヶ月に1回無料で使える出金があるものの、それ以外の出金は手数料とセット。他のブックメーカーより計画性が求められます。

ピナクルでのビットコインによる入出金は法定通貨変換タイプです。アカウント作成時に選んだ通貨へビットコインのレートに従い変換されます。

ピナクルでのビットコイン入金

ビットコイン入金の流れを解説していきます。通常モードとダークモードの画面が入り混じっていますがご容赦ください。(ダークモードは画面の明るさをおさえる設定です)

ビットコイン入金の流れ

ピナクル メニュー

ピナクルにログイン後、最上部の右はしにあるアカウントメニューをタップし、その中から入金を選びます。その左隣にあるカードのようなマークのボタンからも入金メニューに移行できます。

ピナクル 入金メニュー

入金メニューに移行しました。ここは赤枠で囲んだビットコインを選びます。

ピナクル 旧キャッシャーへ

すると、旧キャッシャーへの移行確認画面が登場します。新しいキャッシャーのままではビットコインを扱えないようです。

メッセージに英語が混じっているので、心配になるかもしれませんが、特に問題はないので、赤い枠で囲んだ『ビットコインDEPOSITを入力する』ボタンをタップします。

ピナクル 入金方法の選択

旧キャッシャーへ移動しました。そしてまたもや入金手段を選択することになります。あまりスマートな作りではありません。現在、調整中なのかは分かりませんが、二度手間感は否めませんね・・・。

赤枠で囲んだビットコインをもう一度選択します。

ピナクル 入金金額を入力

二回目のビットコイン選択を済ませると、今度は入金額を決定する画面となります。赤い枠で囲んだ欄に希望する入金額を入力し、それに誤りがなければ下部の『送信』ボタンをタップします。

ピナクル ビットコインアドレスコピー

ビットコイン入金受付画面へと移りました。①は希望する入金額をBTCに換算したものです。この数値をどこかに控えておきます。

②のコピーを押して送金受付用のビットコインアドレスをコピーします。

ピナクルでのビットコイン入金はレート固定タイプです。正確にBTCの額を入力する必要があります。レート固定および送金受付時間は10分間と短めです。この間に入金処理を終わらせないと一からやり直しとなります。

上記の画像では下の方が見切れてしまっています。下の方は次のようになっています。

ピナクル ビットコイン入金上限額

画面を下に移動させると、ビットコインアドレスや入金の限度額が表示されているのが分かります。(情報保護のため黒塗りとなっています)

ビットコインの最小入金額は6USD最大入金額は5万USDとなっています。(他の法定通貨を選んでいる場合、USDから換算した値となります)

BTCの額を確実に控え、ビットコインアドレスをコピーしたら、送金元の画面へと移ります。

スポーツベットアイオー 送金元画面

送金元の画面です。ここではSportsbet.ioのウォレットを使っています。

1)①に先ほど控えたBTCの額を入力

2)②に先ほどコピーしたビットコインアドレスを貼り

3)問題がなければ③の『資金を引き出す』ボタンを押して送金を確定

ピナクル側で表示されたビットコインの額と送金側(今回はSportsbet.io)では単位が違うので気をつけてください。

BTC ←→ mBTC ←→ μBTC

上記の単位が切り替わるたび、桁が三個移動します。
0.001BTC=1mBTC=1,000μBTC
といった具体です。

固定レートですので、小数点以下も含め正確に入力する必要があります。(額が少しでも違うと入金が弾かれます

送金元への手続きを終えたら、あとは待つだけです。ビットコインはその性質上、10~30分ほど処理に時間がかかると考えて下さい。

ピンクル 入金完了メール

入金が無事成功すると、ピナクルからメールが届くので、何度もピナクルのサイトをチェックするよりはメールの到着を待ちながら他のことしていた方が良いかも知れません。

ピナクルでのビットコイン出金

今度はビットコインでの出金を解説していきます。入金時のような制限時間はありませんが、確認メールが届くためその対応が必要になります。

ピナクルからのメールに対し受信および返信を行える状況で出金申請をするようにしましょう。

ビットコイン出金の流れ

ピナクル メニュー

入金時同様ピナクルにログインしたらアカウントメニューを開き、そこから出金をタップします。アカウントメニューは最上部の一番右にあるアイコンです。

ピナクル 出金手段の選択画面

出金画面へと移りました。赤い枠で囲んであるビットコインをタップします。

ピナクル キャッシャー移動

入金時同様、旧キャッシャーへ移動するメッセージが出てきますので、赤い枠で囲んだ部分をタップしてピナクルの指示に従います。

ピナクル 再度、出金方法を選択する

旧キャッシャーへ移動しました。入金時同様、またビットコインを選択することになります。「あれ、さっきビットコインを選んだような……」と不安に感じる方もいるかと思いますが、仕様的に2回選ぶ必要があるようです。

ピナクル 出金金額とビットコインアドレス入力

出金希望額と送金先ビットコインアドレス入力画面へと移りました。まずは送金先となるウォレットのビットコインアドレスを確保したいので、送金先の画面へと移ります。

スポーツベットアイオー 入金画面

送金先の画面です。Sportsbet.ioのウォレットを使っています。赤い枠で囲んだ送金用のビットコインアドレスをコピーしたら、ピナクルの画面に戻ります。

ここでは情報保護のため黒塗りとなっており、やや分かりづらいですが、やることはアドレスのコピーだけなのでシンプルです。

ピナクル 出金金額とビットコインアドレス入力

ピナクルの画面に戻ります。

先ほどコピーしたアドレスを『BTC wallet』の欄に貼りつけたら、出金希望額を入力します。出金額はビットコインではなくピナクルで使っている法定通貨の額を入力します。

入力が終わったらスワイプして画面を下に移動させます。

ピナクル 出金メッセージ画面

画面を下に移動させると、引き出し手数料に関するメッセージ(1ヶ月に1回は無料だが二回目以降は手数料がかかる)と『送信』ボタンが現れます。

二回目以降の出金にかかるビットコインの手数料は15USDとなっています。

出金額や送金先のビットコインアドレスに間違いがなければ、手数料に関するメッセージにチェックを入れ『送金』ボタンを押します。

ピナクル 引き出し未完了

『送信』ボタンを押すと画面が切り替わります。ただの出金手続き確認画面ではないので注意してください。

確認のメールが送られる旨が表示されています。この確認メールに返信しないとビットコイン出金がキャンセルされます。どのようなメールが届くか見ていきましょう。

ピナクル 出金に関する案内メール

これが確認メールです。返信がない場合キャンセルされることが記載されています。

「確認しました」ぐらいの内容でいいのですぐに返信しましょう。

ピナクル 出金完了メール

確認メールに返信を行うと出金手続きが続行されます。出金処理が終わった際にまたピナクルからメールがきます。こちらはただの通知なので返信しなくても大丈夫です。

出金の手続き自体は早く、半日待たされるなんてことはありません。スピーディーな出金には確認メールへの素早い返信が鍵となります。

メールの受信と返信ができる環境とタイミングで出金申請を行いましょう。

出入金に関する独自ルールに注意

毎月二回目以降のビットコイン出金には15USDの手数料が取られることは先に触れましたが、ピナクルではそれ以外にも独自の出入金ルールが存在します。

それは「入金額と同額を賭けないと出金がキャンセルとなり、三倍を賭けないと入金手数料をとられる可能性がある」ことです。

ピナクル 出金ルール

上記画像の赤い枠で囲んだ部分が独自ルールに当たります。

入金額の一倍を賭けないと出金できない可能性があり、入金額の三倍を賭けないと入金手数料を取られる可能性があると書かれています。

入金に対しシステム側ではなく、ブックメーカー側が手数料を取るのは極めて異例ですが、プロのベッターに対する対策かと予想されます

数千ドルをぽんぽんと動かすプロにとっては、出金手数料は抑止力になりません。彼らが「オッズが下がって他のブックメーカーの方が良くなったので、そちらに資金を移動しよう」とベットもそこそこに資金を撤収しようとするのを防ぐためのルールかと思われます。

入金額の一倍だとライブベットを行えばすぐ済みます。そのため三倍に設定し、過剰な資金の移動を防ごうとしているのではないでしょうか。

ピナクルへの入金はより計画的に行った方が良いでしょう。ピナクルはオッズが良く、マーケットも手広く、操作性も良いのでブックメーカーとしてはかなり遊びやすいサイトです。じっくりと腰を落ち着けて遊ぶ気持ちでピナクルへ入金しましょう。

まとめ

優良オッズで知られるピナクルの出入金手段に触れ、ビットコインを使った入出金の流れを解説してきました。

ビットコイン出金時はピナクルの確認メールに返信をする、出金するまでに入金額の三倍を賭けておく、月に二回目以降の出金には手数料が発生するなど、他のブックメーカーにはない注意事項が存在しますが、これもコストを切り詰めてオッズを底上げするための企業努力だと考えれば納得がいきます。

オッズ界の優等生は、入出金のルールに対してはやや厳格なようです。優良オッズともども、注意事項にもつきあっていきましょう。決して難解なものではありません。

カテゴリ:ピナクルの詳細

この記事を書いた人 マイブックメーカー 管理人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

この記事のブックメーカー

Pinnacle(ピナクル)

Pinnacle(ピナクル)

  • 業界最高峰のオッズ
  • ベット上限無し!高収入狙いが可能
  • ビットコイン対応で本人確認が不要

Pinnacle(ピナクル)の始め方

  • STEP1

    登録

    所要時間5分

  • STEP2

    入金

    所要時間即日

  • STEP3

    べット

    所要時間即日

ピナクルの詳細の記事一覧