海外ブックメーカーの出金時に気をつけるべき点

  • 2020/04/16
  • 2020/04/16
海外ブックメーカーの出金時に気をつけるべき点

新たなスポーツの楽しみ方として、日本でも利用者が徐々に増えているブックメーカー。

利益を出金しようと思っても、出来ないというトラブルが起きています。

ですが、これ詐欺というようなネガティブな理由ではありません。

業者が提示している出金条件をしっかりと理解していないがために起こっているトラブルが殆どです。

そこで今回は、出金という一番大切な部分で損しないための解説をします。

ここで出金について理解しておきましょう。

出金出来ない場合がある

出金出来ない場合がある

予想が見事的中し、利益が出たので出金しようと思ったら、出金拒否されたというようなトラブルがブックメーカーでは存在します。

なぜこのようなことが起こるのかと言うと、最悪の理由としては利用していた業者が詐欺業者だったという場合です。

しかし、実はそのような理由は稀で殆どの場合が、業者が提示している出金条件を理解していないことにあります。

では出金条件にはどのようなものがあるのか、代表的なものをいくつか紹介していきましょう。

・入金額が足りない

まず、入金額が出金条件を満たしていない場合です。

「最低〇〇円以上ないと出金できない」と利用規約に記載されています。

例えば口座に1万円以上ないと出金できないのに、5千円だけ出金しようと思っても出金できません。

このように口座残高がいくら以上ないと出金できない、という条件が設けられていることが多いので、必ず確認しておきましょう。

・本人確認ができていない

次に考えられるのが、本人確認がまだ完了していない場合です。

ブックメーカーサイトは登録時に本人確認は不要で、出金時のみ必要な場合が大半となります。

従って、登録と入金をして遊んでみたものの、いざ出金をする時に本人確認を行っていないので断られるというケースが発生します。

本人確認が面倒と思う方も多いかと思いますが、登録時に続いて本人確認を行っておくと後が楽になりますよ。

・最低出金額より低い金額を出金しようとした

これは先ほど紹介した、入金額が足りていないのと似ているのですが、出金する際に最低いくら以上でないと出金できないという条件が設定されていることが多いです。

例えば入金額は最低出金条件を満たしていても、希望した出金額が最低出金額を満たしていなければ出金できません。

最低入金額と同時に最低出金額も確認しておくようにしましょう。

ちなみに、最低出金額は1,000円~5,000円に設定されているブックメーカーが大半です。

・投資額が足りない

それからもうひとつ投資額が足りないという場合も考えられます。

これはどういうことかというと、入金したけど一度も遊ばずに出金しようとした場合、出金できない場合があります。

最低出金額や入金額が設定されていると同時に、最低いくらは遊んでくださいね。という最低投資額というものが設定されている業者も多いです。

入金して遊ばないから出金しようとしても出金できません。

入金したからには最低限遊ぶようにしましょう。

以上が代表的な出金条件になりますが、業者によってより細かな出金条件が設定されているところもあります。

登録する際に必ず出金条件について理解しておくようにしましょう。

ボーナスを受け取ると出金制限を受ける

ボーナスを受け取ると出金制限を受ける

大抵のブックメーカーで配布しているボーナスは、非常にお得な物ではありますが、落とし穴も存在しています。

ボーナスというのは、登録時や初回入金時に特定の金額のキャッシュバックが貰えるというような内容が多いです。

ボーナスはそのまま賭ける事が可能なので、深く考えないで受け取る方が大半だと思います。

ボーナスを受け取ると、ボーナス額の数倍の金額分賭けを行わないと出金が出来ないという制限が発生する可能性があるのです。

制限内容はブックメーカーサイトにより様々ですが、0倍の物から20倍もの賭けが必要な場合もあり、 ボーナスはもらえれば良いという物ではありません。

ちなみにボーナスは必ず受け取らなければいけないというものではなく、自分で選択できます。

利用目的に受け取るかどうか決めると良いでしょう。

入金方法と同一の出金方法しか選べない

単純に、出金方法を入金方法と違う方法にしているというパターンもあるのです。

ブックメーカー業者によってこの部分は違ってくるのですが、入金方法と出金方法が一緒でなければ出金できない業者もあります。

例えば入金方法をecoPayzにしているのであれば、出金方法もecoPayzにする必要があるのです。

入金方法と出金方法を一緒にしなければいけないのかどうかも確認するようにしましょう。

ちなみに入金と出金を違う方法にしたとしても、日本の銀行への出金は不可能である場合がほとんどです。

違う方法にすると手数料がかかる場合がありますので、基本的には同じにしましょう。

出金すると税金が発生する

出金すると税金が発生する

最後に出金制限ではなく、出金に関することでもうひとつ理解しておいてほしいことがあります。

それは出金すると税金が発生するということです。

ブックメーカーで得た利益も日本の税金(所得税)が発生します。

しかし、これはあくまで出金した金額に対して税金が発生するのであって、ブックメーカー上に利益がある場合は税金が発生しません。

さらに言えばecoPayzやビットコインに出金した場合も税金が発生しません。

つまり、日本の口座に移した瞬間、税金が発生するということです。

そのため、出金する際はまとめて出金するよりも、少額ずつ出金することをおすすめします。

あと、税金のことを意識しながら出金するといいでしょう。

まとめ

以上、出金拒否が起こる理由について様々な事例をもとに解説しました。

出金拒否されると詐欺でないかと疑ってしまうと思いますが、実は出金には最低限の条件があることを理解しておきましょう。

さらにボーナスを受け取るとより、出金条件が厳しくなることも理解しておく必要があります。

しかし、業者が設定している最低出金条件は決して高いものでなく、普通に遊んでいればいつの間にか満たしていることが多いでしょう。

そこまで考える必要はありませんが、出金についてしっかり理解しておくことは大切です。

利用規約を一読しておくことをおすすめします。

カテゴリ:ブックメーカー入門

この記事を書いた人 マイブックメーカー 管理人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

ブックメーカー入門の記事一覧