BET365の本人確認は簡単! 日本語対応した『STEP1・2』を画像付きで解説

  • 2021/11/12
  • 2021/11/12
bet365 本人確認

今回はbet365の本人登録のやり方を画像付きで紹介します。

bet365は登録してから2週間以内に本人確認を行わないとベット制限がかかるのはご存知でしょうか?

本人確認を行わない状態で、仮に勝ち続けていても2週間を経過すると規制がかかってしまいます。そして、その期間勝っていたお金も「本人確認」が完了するまでbet365からの出金はできません。

今回はこれから本人確認の手続きを始める方へ向け、実際の画像付きで本人確認の手続きの流れを解説します。

この記事を読めば、本人確認時に必要な書類、提出方法、事前準備などがわかるのでぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

bet365の本人確認(KYC)とは?

bet365はイギリス政府公認のブックメーカーサイトのため、登録ユーザーのマネーロンダリングや不正行為対策を厳しく取り締まっています。

また、マルタ政府発行のライセンス取得&保持するためには、登録ユーザー全員の本人確認を行うことが必須になっています。

そのため、bet365で遊んでもらうためには本人確認を行う義務が運営側にあるのです。

登録後、ログインするごとに以下の画像が出てきますので、後回しにせず、すぐに行いましょう。

本人確認を行ってください

本人確認の認証は最低でも2週間かかるので、早く出金したい人は登録後、速やかに本人確認をすることが必要です。

もちろん、ブックメーカーサイトは海外サイトなので、面倒くさそうと思われている方もいるかもしれませんが、bet365は日本語対応したことで誰でも簡単にWeb上できるようになっています。

※bet365では登録後、2週間以内に行わないとベット制限がかかりますので、ご注意ください

bet365の本人確認で必要な書類は?

ここでは、bet365の本人確認に必要な書類を紹介します。

bet365の本人確認は「STEP1」「STEP2」という2段階の認証が必要になります。

必要な書類は「STEP1」「STEP2」で異なりますのでSTEPずつ紹介していきます。

STEP1で必要な本人確認書類

STEP1では顔写真付きの証明書のアップロードを行います

以下の3種類の顔写真付き証明書の中から1つ選択しスマホカメラで撮影し、保存します。

  • 運転免許証(表/裏)
  • パスポート
  • マイナンバーカード

STEP1ではアカウント保有者本人の確認になります。

STEP2で必要な本人確認書類

STEP2では住所の証明書のアップロードを行います。

以下の1.2.3の3種類の住所証明書のうち1つを準備します。

1)運転免許証/マイナンバーカード(STEP1で使用していない方)

※STEP1で使用していない方があれば2,3は不要です

2)公共料金などの請求書(3か月以内)

※請求書には「フルネーム」「発効日」「住所」が記載があるものに限ります。
例)電気代、水道代などが対象になります。

3)クレジットカードの利用明細や固定電話・携帯電話の請求書

STEP2では住所の確認になります。

2つのSTEPで組み合わせ可能なものは以下となりますので参考にしてみてください。

▼書類の組み合わせ方
STEP1STEP2
パスポート運転免許証/マイナンバーカード
パスポート公共料金などの請求書
運転免許証/マイナンバーカード公共料金などの請求書

「STEP1」でパスポートを利用し、「STEP2」で運転免許証を利用することが簡単です。

STEP1,STEP2で必要な書類をご確認いただき、準備出来たらbet365にログインをして、実際に本人確認を行います。

bet365の本人確認のやり方を図解入りで解説

ここからは、実際にbet365の画像を使いながら本人確認のやり方を解説します。

STEP1

1)bet365の右上の人型マークのアイコンを選択しマイアカウントを選択します

アイコンをクリック

2)マイアカウントからお客様確認(本人確認)を選択します。

お客様確認をクリック

3)STEP1とSTEP2の画面に切り替わるので、STEP1の「本人確認書類をアップロード」を選択します。

本人確認書類をアップロードをクリック

4)「運転免許証」「パスポート」「IDカード(マイナンバーカード)」から1つ選択しアップロードに移ります。

書類を選択する

5)「Choose file」をクリックして、ファイルを選び予め準備していた画像ファイルを選択します。

「Choose file」をクリック

※今回は「パスポート」を例にアップロードします

6)選択した画像ファイルがプレビューされるので、間違いがなければ「Complete」を選択します。

「Complete」を選択

※登録時に記入した氏名と同じになっているかを確認してください。

これでSTEP1は完了です。

STEP2の提出はSTEP1が完了し、STEP1の提出完了メールが届いてから移ります。

また、STEP1ではアップロードではなく、bet365にメールで本人確認書類を送ることも可能です。

メールで本人確認書類送る場合

STEP1の画面で「添付書類をメールで送信」を選択

「添付書類をメールで送信」を選択

選択後、以下の画面が出てくるので、「documents@bet365.com」 へファイルを添付して送付します。

メールアドレスが表示される

メールで本人確認書類を送る場合は、次に紹介する「STEP2」の書類も一緒に送ると手間も省けますので、「STEP1」と「STEP2」の両方の確認書類をbet365に送るようにします。

STEP2

1)STEP1と同様に「本人確認書類をアップロード」を選択します。

「本人確認書類をアップロード」を選択

2)「Choose file」をクリックして、ファイルを選び予め準備していたファイルを選択します。

「Choose file」をクリック

※STEP1でパスポートを使用したので、ここでは免許証をアップロードします。

3)選択したファイルがプレビューされるので、間違いがなければ「Complete」を選択します。

「Complete」を選択

※運転免許証の場合は表面、裏面が必要になるので2回同じこと(「Choose file」→「Complete」)を繰り返します

これで、STEP2も完了です。

「パスポート」「免許証」の2つの準備がある方は、ここで本人確認の手続きは終わりです。あとはbet365からの認証の結果を待つだけとなります。

ここからは、「免許証」「パスポート」でどちらか1つしか準備できない場合のSTEP2の「本人確認の方法」を紹介します。

▼「免許証」「パスポート」のどちらかしか準備できない場合
  1. 顔写真付き証明が1つしかない(免許証、パスポートのどちらかしかない) → 住所確認書類を提出
  2. 住所確認書類がない → 郵送による認証

住所確認書類を提出する場合

1)STEP2で「添付書類をアップロード」を選択します。

※添付書類とは住所証明書類のことです。

「添付書類をアップロード」を選択

2)提出する書類を選択し、送信を選択します

提出する書類を選択

選択できる書類は以下となります。

  • 銀行取引明細書
  • クレジットカードのご利用明細書
  • 固定電話または携帯電話料金の請求書
  • 公共料金の請求書

※「カウンシルタックスの請求書」はイギリスの住宅用財産にかかる地方税のため日本での申請は不可です。

※bet365は住民票の提出は不可です。

書類を選択したら送信をクリック

3)STEP1,STEP2同様に「Choose file」をクリックして、ファイルを選び対象の書類を選択します。

「Choose file」をクリック

4)パスポートや免許証のように選択したファイルがプレビューされるので、間違いがなければ「Continue」を押して、アップロード完了です。

住所確認書類がない場合は「郵送による認証」を選択

bet365に初回入金後、郵送で登録住所に「暗証番号」が届きます。その暗証番号を用い「郵送による認証」を行うことでSTEP2が完了します。

1)STEP2で「郵送による認証」を選択します。

2)数週間ご自宅に届いた認証コードを入力し送信を選択し完了です。

認証コードを入力

今回紹介した流れでSTEP1,STEP2の作業を完了させると、後日メールで審査結果が届きます。

無事に承認されれば、bet365からの出金が可能になり、ベット規制などを気にせず遊ぶことが出来ます。

bet365の本人確認の注意点はある?

bet365の本人確認はWebサイトへのアップロードで簡単に出来ますが、注意点もあります。

せっかくアップロードし終わったのに認証されず2度手間になってしまった。。とならないよう事前に注意点を確認しておきます。

本人確認の注意点

登録した氏名、住所とアップロードした書類の名義、住所は一致しているか?

bet365の登録時に記載した氏名や住所が、本人確認書類(STEP1)と住所確認書類(STEP2)と一致する必要があります。

万が一異なると非認証の対象となります。この場合は再度申請することになり、通常の倍の時間がかかってしまいます。

アップロード時に、登録した住所、名前とアップロード画像の住所、名前がしっかり一致しているか?を必ず確認してください。

アップロードする際の注意点

bet365にアップロードする際にはSTEP1,STEP2でそれぞれ気を付けるポイントがあります。

    ▼「STEP1」の本人確認書類

    (免許証、パスポート、マイナンバーカード)

  • 提出書類のアップロード時に四隅しっかりが映っているか
  • 反射したりぼやけたりして文字が見えなくなっていないか
  • 有効期限が切れていないか

    ▼「STEP2」の住所確認書類

    (公共料金などの請求書、クレジットカードの利用明細や固定電話・携帯電話の請求書)

  • 名前、住所が入っていて、登録住所が一致していること
  • 発効後、3か月以内のもの
  • 未払いのもの

スムーズに本人確認を済ませるため、申請時はこの2つを注意してみてください。

bet365の本人確認はいつやるの?

bet365の本人確認を行うタイミングですが、登録後すぐに済ませることをおすすめします。

本人確認が終わっていない状態でも遊ぶことは出来ますが、出金は本人確認が終わらないと出来ません。

また、登録後2週間以内に行わないベットに規制がかかってしまう、などのデメリットがあるので、本人確認は登録完了後、そのままの流れで行うのがベストです。

本人確認が完了するまで最低2週間はかかりますので「ベット規制で遊べない」などとならないように速やかに本人確認は済ませておきましょう。

bet365の本人確認のまとめ

今回はbet365の本人確認のやり方について画像付きで紹介しました。

bet365はイギリス政府公認のブックメーカーサイトでもあるため、本人確認は行わなければいけない手続きの一つです。

STEP1,STEP2も本人確認の書類さえあれば5分ほどでスマホでもすぐ出来ますので、ぜひ早めに済ませください。

カテゴリ:bet365(べット365)の基本情報と特徴

この記事を書いた人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

この記事のブックメーカー

bet365(べット365)

bet365(べット365)

  • 世界最大規模のブックメーカー
  • 日本語対応で利便性アップ
  • ライブストリーミング配信で試合が見れる!

bet365(べット365)の始め方

  • STEP1

    登録・本人確認

    所要時間10分

  • STEP2

    入金

    所要時間即日

  • STEP3

    べット

    所要時間即日

bet365(べット365)の記事一覧