ビーベットでオッズを上昇させるマルチベットの賭け方や特徴を解説

  • 2024/01/13
  • 2024/01/13
ビーベットのマルチベット

ビーベットは日本のスポーツに対応したブックメーカーで、格闘技や野球を利用した日本向けのプロモーションをよく展開しています。

また、複数のマーケット(賭けの対象となる事柄)を組み合わせて効率を上げるマルチベットにも力を入れており、日本語対応ブックメーカーでは珍しいシステムベットにも対応しています。

この記事ではマルチベットの基本的な情報を確認し、ビーベットにおけるマルチベットの特徴を取り上げ、実際のベット手順を解説していきます。

\登録するだけで今だけフリーベットが倍の$20ゲット!/

BeeBet公式サイト

プロモーションコードは「20RIZINL8

覚えて損はないマルチベット

マルチベット機能はほぼ全てのブックメーカーで搭載されており、日本語対応ブックメーカーもその例外ではありません。

まずはマルチベットの基本的な情報を確認していきましょう。

マーケットを組み合わせて賭けられる

マルチベットはその名の通り複数のマーケットを組み合わせて行う賭けです。

基本的には組み合わせたマーケット全てに勝つ必要がありますが、その分オッズが上昇します。リスクが増える分以上に効率が上がります。

オッズの底上げができる

マルチベットの一番の使い方として勝率は高いがオッズが低いマーケットを複数組み合わせるものがあります。

たとえば勝者予想で1.15倍のようなオッズはほとんどのケースで勝つことができますが、勝った時の利益は非常に低くなります。

このようなリスクの低いマーケットを組み合わせることによってオッズの底上げができます。

またマルチベットは同一の試合からは選択できません。その代わり同一の試合でなければスポーツカテゴリをまたいでマーケットを選べます。

スポーツくじ的な使い方も

ビーベットマルチくじ的利用

マルチベットでは同日に行われる試合をひたすら組み合わせて、スポーツくじのような爆発力のある賭け方を作ることも可能です。

上記ではNBA(バスケットボールの北米リーグ)で行われる試合で作ったマルチベットです。

当日行われる六試合の勝者予想を、全てアンダードッグ(不利な方)で選んで作成したところ、300倍を超えるオッズとなります。

自動的に組み合わせを作るシステムベット

マルチシステムベット例

マルチベットの一種に、自動的に全ての組み合わせを作るシステムベットというものがあります。

通常のマルチベットでは全てのマーケットに勝つことが必須ですが、システムベットでは部分的に勝ちを拾える仕組みになっています。

システムベットは通常のマルチベットに比べ専門用語が多く、初心者にはやや敷居が高いものになっています。

また、英国系ではよく採用されているものの、全てのブックメーカーで採用しているわけではありません。

ビーベットにおけるマルチベットの特徴

マルチベットに関する基礎的な情報をおさえたところで、今度はビーベットにおけるマルチベットの特徴を見ていきましょう。

ほぼ全てのマーケットで対応

ビーベットマルチベットについて

ビーベットではほぼ全てのマーケットをマルチベットに組みこむことができます。

ほぼ全てと書いたのは、ビーベットにはスペシャルベットがあり、この、スペシャルベットがマルチベットの選択として利用できない可能性があります。

スペシャルベットを利用する際は、シングルベット専用と割り切った方がよいかも知れません。

ベットスリップ内のタブで切り替える

ビーベットマルチベットへ

ビーベットではマルチベットやシステムベットへの切り替えを、ベットスリップ内のタブによって行っていますので、スタンダードで分かりやすい構成になっています。

ベットスリップを起動した時の初期設定はシングルベットになっているので、利用したいものに切り替えます。

上記画像ではマルチベットに切り替えようとしているところです。赤い枠で囲んである、『マルチ』タブをタップして切り替えます。

ビーベットシステムベットへ

また後述するシステムベットシステムベットへの切り替えもタブで行います。

ビーベットではシステムベットが使える

ビーベットシステムベット完了

ビーベットではブックメーカーでは珍しい機能である、マーケットを自動的に組み合わせるシステムベットが利用できます。

システムベットの要点をチェック

ビーベットシステムについて

システムベットは選んだマーケットを自動的に組み合わせるものであり、それぞれの組み合わせがマルチベットになるためオッズの上昇が見こめます。

システムベットは3個以上のマーケットを選ぶところから始まります。2個のマーケットであればシステムを使って自動で組み合わせを作る必要がないからです。

3個以上のマーケットを利用したシステムベットはトリクシーと呼びます。パテントはこのトリクシーに各シングルベットをおかわりしたものです。そのため必要なベット額もシングル分が追加されます。

ビーベットシステム04

4個以上のマーケットを選択したシステムベットはヤンキーと言います。シングルベットを含むベットはラッキー15と呼びます。

ビーベットシステム05

5個以上マーケットを選択するとカナディアンです。

ビーベットシステム06

6個以上のマーケットを選ぶとヘインズです。シングルベットを含むベットはラッキー63です。ラッキー63になると、ベット額を1に指定しても63かかります。初心者向けのサイズではありません。

ビーベットシステム07

7個以上のマーケットでスーパーヘインズになります。

ビーベットシステム08

独自の用語が並ぶシステムベットですが、効果的に使えば利益率は向上します。システムベットはその性質上「マーケットに複数勝ったけどベット額が半分返ってきただけ」ということもありますが、全的中した時のオッズは非常に高くなります。

初心者の方はトリクシーから始めるのをオススメします。トータルのベット額が予想以上に膨らむこともなく、ルールも非常に分かりやすいです。

ビーベットでマルチベットを行う際の手順を解説

実際にビーベットでマルチベットを行う際の手順を見ていきましょう。

スポーツカテゴリを選択

ビーベットバスケットへ

まずはビーベットにログインして遊びたいスポーツカテゴを選びます。

今回サンプルに使うのはNBAなので、帯状に表示されているスポーツカテゴリからバスケットボールを選びます。

ビーベットバスケットトップ

バスケットボールのトップページにやってきました。NBAは日本の八村選手や渡邊選手も所属する大人気コンテンツなので優先的に表示されることが多いです。

NBAの試合がバスケットボールのトップページになかった場合は、NBAの個別ページにアクセスしましょう。

マーケットを選択する

ビーベットマルチ選択中

賭けたいマーケットを選んでいきましょう。今回はシンプルな勝者予想であるマネーラインを利用します。ここでは勝率は高いがオッズが低いものを選んでいます。

ベットスリップにアクセスする

ビーベットマルチベットスリップへ

2個以上のマーケットを選んだらマルチベットができるようになります。ピックを終えたらベットスリップにアクセスしましょう。

マルチベットに切り替える

ビーベットマルチベットへ

先に触れた通りビーベットではシングルベットが初期設定になっているためマルチベットで遊ぶためにはタブを切り替える必要があります。ベットスリップ内で『マルチ』と表示されているタブをタップしましょう。

ベット額を入力する

ビーベットマルチベットへ

マルチベットに切り替わると個別のオッズではなくマルチベット用のオッズが表示されていますので、入力欄をタップし、ベット額を入力します。

ベットする

ビーベットマルチベット

組み合わせたマーケットやベット額に問題がなければ下部の『ベットする』ボタンを押しましょう。

確認画面が表示される

ビーベットマルチベット完了

ビーベットによって無事ベットが受け付けられると確認画面が表示されます。

ベット結果

ビーベットマルチ結果

最終的な賭けの結果は上記の通りとなります。マルチベットにて賭けたことにより、オッズも跳ね上がり利益も増大しています。

ビーベットでシステムベットを行う際の手順を解説

次にマルチベットの一種であるシステムベットをビーベットで行う際の手順を解説していきます。

システムベットの中で一番シンプルなトリクシー(マーケット3個の自動組み合わせ)をサンプルとして用います。

途中までの流れは先ほど解説したマルチベットと一緒のため割愛します。同じようにNBAの試合(別の日)を利用しています。

含めたいマーケットを選択していく

ビーベットシステムトップ

NBAのページからスタートです。3個以上のマーケットを選択します。マルチベットは2個のマーケットでOKですが、システムベットは最低3個のマーケットを絡める必要があります。

ベットスリップへアクセス

ビーベットシステムスリップへ

3個以上のマーケットを選び終えてベットスリップにアクセスすると、含まれているマーケットの数が表示されます。

ベットスリップのタブをシステムベットに切り替える

ビーベットシステムベットへ

ベットスリップにアクセスすると基本のシングルベットになっているので、『システムベット』のタブをタップしてシステムベットに切り替えます。うまくいかない場合は一度『マルチ』タブに切り替えてから再度『システムベット』を選択します。

希望のシステムベットを探す

ビーベットシステムサンプル

現在ベットスリップに含まれているマーケット数で可能なシステムベットのタイプが表示されます。

サンプルでは3個のマーケットを選んでいるため、トリクシーとおかわりシングルベットつきのパテントが表示されています。今回はシンプルなトリクシーを利用します。

ベット額を慎重に決定する

ビーベットシステムベットへ

トリクシー用の入力欄に希望するベット額を入れていきます。

システムベットのベット額は各組合せに適用されるので気をつけましょう。トリクシーでは3個のマーケットを使った4つの組み合わせとなり、ベット額に10ドルと入力すると組み合わせ数の4×10となり総額40ドルが必要となります。

ベットを行う

ビーベットシステムベット

サンプルではベット額を1ドルと指定しているため、トリクシーを使ったシステムベットの総額は4ドルとなります。

確認画面が表示される

ビーベットシステムベット完了

ベット受け付けの確認画面が表示されています。賞金(勝ち額)のところにある9.13ドルは全てのマーケットで勝った場合の最大賞金です。各マーケットの勝ち負けによって賞金は細かく変動します。

システムベットの結果報告

ビーベットシステム結果

ベット結果では全てのマーケットで勝利したので、最大賞金を得ることができました。

まとめ

ビーベットでは複数の賭けを組み合わせるマルチベットを利用することで、低いオッズをより大きなオッズに上昇させることが可能であり、的中しやすいがオッズが低いという状況を回避することができます。

全ての賭けを的中させる必要がありますので、的中難易度は上昇しますが、その分オッズの上昇という大きなメリットを得ることができます。

鉄板の試合を組み合わせることで勝率を極端に下げることなく、利益を増大させることができますので、マルチベットをうまく活用して賭けをしましょう。

▼ビーベットの詳細情報はこちら

\登録するだけで今だけフリーベットが倍の$20ゲット!/

BeeBet公式サイト

プロモーションコードは「20RIZINL8

カテゴリ:BeeBet(ビーベット)を詳しく解説!特徴、ボーナス、入出金、安全性など

この記事を書いた人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

この記事のブックメーカー

BeeBet(ビーベット)

BeeBet(ビーベット)

  • $10の入金不要フリーベットあり!
  • Bリーグ、相撲など日本のスポーツが豊富
  • 日本語でのチャットにも対応

BeeBet(ビーベット)の始め方

  • STEP1

    登録

    所要時間5分

  • STEP2

    入金

    所要時間即日

  • STEP3

    ベットする

    所要時間即日

BeeBet(ビーベット)の記事一覧

もっと見る