【最新版】ウィリアムヒル(William HILL)のボーナスコードの使い方を画像付きで紹介

  • 2020/05/20
  • 2020/07/09

ウィリアムヒルではアカウント開設時に新規プレイヤー限定でプロモーションコードを入力すれば、ウェルカムオファーとしてマッチボーナスを獲得することが出来ます。

大前提として、アカウント開設時にしかコード入力が出来ないので、ここで入力を忘れていた場合、そのアカウントでは二度と初回入金ボーナスをゲット出来ません。登録時に電話番号と住所を入力しなければならないので、別のアカウントを作ってボーナスを獲得するということも難しいでしょう。

そこで今回の記事ではウィリアムヒルにおいて、そのボーナスコードの使い方を順を追って説明しながら画像付きで紹介していこうと思います。参考になれば幸いです。

手順1 ウィリアムヒルの登録画面にいく

まずはウィリアムヒルに登録しましょう。詳しい登録方法に関しては、別で紹介しているので、ここでは省きますが、以下の記事を参考にしてください。

【最新版】ウィリアムヒル(William HILL)の登録方法を画像付きで紹介

手順2 ボーナスコードを入力する

現在、ウィリアムヒルが発行しているボーナスコードには【JP100】と【KEIBA2020】の2種類があります。

アカウント作成時に、入力しなければならない項目が2ページ分あり、1ページ目で名前や住所や生年月日を入力すると、2ページ目に以下のようなプロモコード入力欄があります。

ウィリアムヒル ボーナス

どちらか一方しか入力出来ないので、それぞれの特徴は以下を御覧ください。

【JP100】

プロモコードの入力欄にJP100と入力して還元するを選択すればこちらのボーナスをゲット出来ます。

こちらのボーナスは初回入金後初めてベットする場合、100%のマッチボーナスを獲得出来るというもの。

20ドルから100ドルの間でベットを行うと、ベット額に対して100%のフリーベットを4回に分けて進呈してくれます。例えば、20ドルのベットを行えば5ドル×4回。100ドルのベットを行えば、25ドル×4回といった感じです。

注意しなければならないのは、100ドル以上のベットを行っても、還元されるのは100ドルまでなので、たとえ200ドルのベットをしたとしても、最大100ドル分のフリーベットしか獲得出来ないということです。

また、この条件としてオッズが1.50以上のシングルベットもしくはマルチベットを行う必要があります。1.5倍未満の的中の堅いベッティングでは対象外です。

もらえるフリーベットの有効使用期間は30日と設けられています。

【KEIBA2020】

※2020年7月現在、「KEIBA2020」のキャンペーンは終了しています。

プロモコードの欄にこちらのコードを入力するとこのボーナスを獲得出来ます。

上述したJP100のコードとは違って、競馬オンリーのウェルカムボーナスとなっています。対象レースにはもちろん日本の競馬も含まれており、再開し始めている海外競馬も対象となっています。

範囲が競馬のみと限定的なボーナスなだけあって、JP100とは違ってこちらは200%のマッチボーナスを獲得出来ます。JP100の2倍ですね。

こちらもフリーベットが受け取れるのは最大100ドルまでという制約はありますが、ベット額が2倍になって帰ってくるので、50ドル分の初回ベットを行いさえすれば満額のボーナスがゲット出来ます。

このフリーベットは一度で受け取ることが出来るわけではなく、100%を2回にわけて進呈してくれるので、上記の対象ベット完了後に1回目の進呈、その1日以内にもう一度の進呈という流れになっています。

また、1.50以上のオッズのシングルベット及びマルチベッドにかけなければなりませんが、競馬に関しては基本的にそのオッズを下回ることはほとんどないので、JP100のコードと比べても、この制約はあってないものでしょう。

また注意点として、KEIBA2020でもらえるボーナスの有効使用期間は、30日であるJP100と違ってたったの14日間しかありません。ただ、このコードで獲得したボーナスを他のスポーツに賭けることは出来るので、さほど気にしなくて良いと思います。

競馬が好きな方は、こちらのボーナスのほうが魅力的ですし、獲得したフリーベットで他のスポーツに賭けることが出来るので、オススメは【KEIBA2020】です。

コードの使い方を理解したら、早速ウィリアムヒルで遊んでみましょう!

ウィリアムヒルに登録する

カテゴリ:ウィリアムヒルの詳細

この記事を書いた人 マイブックメーカー 管理人

マイブックメーカー 管理人

こんにちは!マイブックメーカー管理人です。 ブックメーカーをこれから始めたい人や、もっとブックメーカーを楽しみたい人におすすめ情報を発信しています。

この記事のブックメーカー

WilliamHill(ウィリアムヒル)

WilliamHill(ウィリアムヒル)

  • 1934年の老舗サイトで信頼性抜群
  • 30種類オーバーのスポーツに対応
  • 初心者でも安心の日本語サポート

WilliamHill(ウィリアムヒル)の始め方

ウィリアムヒルの詳細の記事一覧